MENU

離島の薬剤師は稼げるの?離島薬剤師の給料事情

離島の薬剤師は稼げる、給料が高いという噂をよく聞きますよね!

 

しかし、実際に離島で働いている薬剤師さんや離島薬剤師求人を見たことはありますか?

 

離島で働いても良いな〜と思われている薬剤師さんでも離島薬剤師の情報は少ないと思います。

 

実際、離島で薬剤師の職場はあるの?

 

離島薬剤師の仕事はどこで紹介してもらえばいいの?

 

離島の生活ってどんなの?

 

などなど

 

離島で働くことを考えている薬剤師さんの疑問は尽きないですね!

 

 

離島と言えば、テレビドラマの「Dr.コトー」を思い浮かべる方も多いのでないでしょうか?

 

Drコトーは、医師の離島でのドラマでしたが、のんびりした生活と島民から頼りにされることへの遣り甲斐、自然の中での生活など魅力も十分関ぎられる反面、生活の不便さや自然の猛威などを直接味わうことにもなりますね!

 

離島薬剤師の魅力とは何でしょうか?

 

まず、言われるのが給料面ですね!

 

離島薬剤師さんの多くがお金が貯まる、貯金が出来ると言われます。

 

もちろん、離島の薬剤師は給料が高いと言われますが、それ以外にも支出が少ないことが多いと言えます。

 

例えば、住まいの家賃が安いことや住まいが無料などのケースも少なくなく1か月の生活費が都市部とは比べ物にならないなどが挙げられます。

 

離島薬剤師は給料が高い、お金が貯まる?

 

薬剤師の離島の職場と言ってもある程度の人口や病院、調剤薬局などの職場がある島などになりますね!

 

離島と言えば生活が不便というイメージが強いと思いますが、薬剤師の求人がある離島は、人口もそこそこあるので生活面の不便さという面ではそれほどでもないと言えます。個人差があるのではっきり言えませんが・・・・

 

離島の薬剤師を希望される方は生活の不便さとかは覚悟のうえで応募されると思いますので生活の不便さはそれほど重要なことではないと思います。

 

それよりも離島の薬剤師で働くことを希望される方は、自然や環境を重視する方と給料面を重視する方が多いのではないでしょうか?

 

特に田舎暮らしや自然豊かな環境で生活したいという薬剤師さんが離島薬剤師への応募が多いと聞いたことがあります。

 

稼げる、高給料の薬剤師の仕事として離島薬剤師や過疎地の薬剤師が言われますが、すべての離島薬剤師求人の給料が高いというわけではないようですが、場所や希望者の応募数によっては高い給料も期待できると言えます。

 

また、離島薬剤師の多くが住宅の補助なども受けることが出来るので、家賃がタダや驚くほど安いことが多いと言えます。

 


離島、過疎地の薬剤師の魅力

離島や過疎地での薬剤師で働く魅力は何でしょうか?

 

離島や過疎地などの田舎で働くことを希望する薬剤師さんの多くが田舎暮らしに魅力を感じる方や海の近くに住みたい、空気がうまいところに住みたい、時間がゆっくり進む環境で生活したいなど、田舎暮らしに魅力を感じられる方が多いと思います。

 

自然、田舎暮らし意外に離島や過疎地の薬剤師の魅力は何でしょうか?

 

まず、Drコトーでもみられる通り島民方に必要とされることでの遣り甲斐が挙げられますね!

 

仕事の遣り甲斐は、仕事をする上での原動力になりますよね!給料や報酬もそうですが、それ以上に頼られる存在である離島や過疎地での薬剤師の仕事は遣り甲斐という面では都会では味合うことが出来ないと離島で働く薬剤師さんの多くが言われています。

 

離島や過疎地の薬剤師の魅力としては

 

島民、住民との距離が近く遣り甲斐を感じられる
自然豊かな環境の仕事場がほとんど自然の良さを感じられる
時間がゆっくり進む、都会では味わえない生活時間
給料、報酬も高い仕事が多い

離島、過疎地の薬剤師の働き方

離島や過疎地での薬剤師の働き方にも移住などで正社員で長期で働く働き方と期間を決めて薬剤師派遣などで働き方などがあります。

 

離島などの薬剤師求人の希望する方の多くがまずは期間限定で働くことから始める方が多いと言えます。

 

薬剤師派遣などで1年や2年などの期間を決めて働く働き方ですね!

 

いきなり移住して正社員で働く、離島や過疎地で働くにはリスクも多いと言えます。

 

田舎暮らしや離島暮らしに興味のある薬剤師さんもまずは、薬剤師派遣などの紹介で働き始める方が多いそうです。

 

離島暮らし、田舎暮らしに興味があり、薬剤師として働きながら体験したい方は、薬剤師派遣紹介などでどのような仕事で生活環境なのかを知る為にもいいのではないでしょうか?

 

薬剤師派遣なら希望に沿う職場、仕事の紹介が出来ること多く、離島、過疎地での仕事を始めるうえでの不安の少なくなると思います。

 

人気の離島の薬剤師求人

薬剤師の離島での求人でも応募が多い地域もあります。

 

南国の離島や観光などで人気の離島などは、薬剤師で就業希望者も多く、離島の薬剤師求人の中でも給料が控えめだと言えます。

 

南国の離島や島は、人気の離島就業地だと言えます。

 

屋久島、宮古島、伊良部島、石垣島、五島列島やその近辺の島は、薬剤師に人気の離島だと言えます。

 

東京の離島、八丈島、三宅島、新島なども人気が高く募集も限定的だと言えます。

 

瀬戸内海の離島なども人気が高いと言えますが、給料面ではそれほど高額ではないと言えます。

 

 

離島の薬剤師は給料が高いと言われますが、人気の島では逆に相場よりも安い場合や本州で働くのと変わらないこともあります。

 

離島の薬剤師と言えるのかはわかりませんが、上記の島、その近辺の島は、薬剤師として働くことを希望する方も比較的多いので、給料面での魅力はそれほど期待できないと言えます。

 

逆に本当にへき地の離島などは、給料も高い募集が見られます。


離島、過疎地で薬剤師として働く際の注意点

離島や過疎地での就業を希望する薬剤師さんの多くが田舎暮らしや都会の暮らしに疲れた、嫌になった方、青い海への憧れなどから離島への転職や仕事探しを始める方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、田舎暮らしへのあこがれや綺麗な海のところで仕事がしたいなどで離島への転職をして後悔や失敗しない為にも離島での薬剤師の仕事の闇、嫌な部分の紹介したいと思います。

 

まず、田舎暮らし、離島暮らしで一番気になるのが人間関係ですね!小さな村で受け入れてもらえなければ最悪の離島生活になります。

 

田舎暮らしで持つとも重要なのが、受け入れられるかだと言えます。

 

ただ、薬剤師など頼られる仕事で行く方は、受け入れられないことは少ないのでこの辺りは、よっぽどでなければ大丈夫だと思います。

 

次に、都会暮らしから田舎暮らし、離島暮らしをした場合、不自由を感じることも多く、食事でも買い物でも田舎暮らしの不自由さがあります。

 

これも覚悟はできていると思います。ですのでそれほど気にすることではないかもしれませんが、想像以上の地域もあります。

 

次に、離島や過疎地では、薬剤師があなただけというケースは多く、頼りにされることでプレッシャーになることもあります。

 

ある程度の知識や経験がないと不安を感じることが出てくることで仕事が嫌になることもあります。

 

期待や頼りにされることのプレッシャーは想像以上になることも少なくありません。

 

それ以外では、通販なども普通に配達される(日数は掛かる)ことやネットなども普通に使えるので離島や過疎地の生活を楽しめることが出来れば問題はないと言えます。

 

離島、過疎地で薬剤師として働く際の注意点 まとめ

コミュニケーション能力が都会以上に必要
薬剤師さんへの期待も大きくいろいろな相談もある
知識や経験が少ないと様々な対応にお得られないことも
田舎暮らしが楽しむことが出来なければ辛くなることも
台風、自然の猛威で本州との流通が絶たれる
島を出るにも時間とお金が必要以上に掛かる

離島の薬剤師のイメージ

離島で薬剤師として働くことをお考えの方の離島薬剤師のイメージはというと、

 

青い海

 

暖かい気候

 

自然豊かでゆっくり時間が流れる

 

優しい島民

 

不便な生活

 

美味しい空気と魚介類、野菜

 

医療従事者は喜ばれる

 

ドラマDrコトーのイメージ

 

などが挙げられますね!

 

離島の言えば、南国のイメージですが、離島は北から南までありますね!

 

北の離島なら暖かい気候や青い海などは期待できませんね!

 

離島と言ってもDrコトーで出てきたような南国の島もあれば北の島もあります。

 

特に南国の島、離島は人気が高いことが多く、離島薬剤師として働く際に南国の離島を希望される方も多いのでタイミングが悪ければ

 

期待している離島での仕事が見つからないこともあると言えるでしょう!

 

離島薬剤師は若い薬剤師さんに結構人気があり、ネットでの検索も薬剤師の仕事探しでは多いと言えますが、

 

実際に離島薬剤師として働く方もそれほど多くはないと言えます。

 

多くないと言うよりも離島薬剤師の求人は限定的で人気のある島、離島などで働くことが難しいこともあります。

 

また、離島薬剤師の求人紹介している求人会社や派遣会社で詳細を聞いて諦める方も多いそうです。

 

離島薬剤師の条件としては、もちろん通うことはできないので移住などになります。その際の住宅などは用意されていることがほとんどですので住まいの心配はあまりないと言えます。

 

給料面でも時給4000円や時給5000円などもあります。人気のある離島では時給面での少し安めの募集になることもあります。

 

離島の薬剤師は、イメージでは魅力のある仕事です。実際も離島の自然や人とのコミュニケーションができる方にはお勧めですが、給料が高いから離島や過疎地の薬剤師で働くなどでは失敗することもあるので、仕事内容や求人条件などをしっかり理解したうえで一度自分の目で現地を見に行くことをおすすめします。

 

離島薬剤師はイメージと実際の仕事環境とのギャップもありますので、まずは離島薬剤師の仕事紹介に実績のある求人紹介会社や派遣会社などで聞いてみましょう!

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
管理者情報 リンク集