MENU

薬剤師転職で失敗しないために

薬剤師の転職の際に、希望した職場、条件、給料などで転職できれば、転職は成功だと言えますね!
転職条件は、人それぞれだと言えますが、ほとんどの薬剤師さんの転職では、条件面と給料面を重視しています。

 

薬剤師転職を希望する方のすべてが、条件や報酬を重視しているとは限りませんがこの2つの条件は、重要な要素であることは間違いありません。

 

また、薬剤師の転職理由も結婚、出産、夫の転勤など女性の多い薬剤師ならではの理由も多いと言えます。
ここでは、転職理由や転職条件などに焦点を当てずに、その転職を失敗しない、後悔しないための薬剤師転職を紹介しています。

 

まず、薬剤師の転職の失敗とは?
薬剤師の転職で失敗と思われる方の多くが、「転職前の条件提示や就業条件が違っていた」、「前の職場と同じような環境で変化が望めなかった」、「人間関係がうまくいかない」、「以前の職場のスキルや経験が活かせない」など転職を失敗したと思う理由も様々だと言えます。

 

特に、薬剤師転職で失敗と思われる理由で多いのが、条件面の不一致です。就業条件というのは、求人の際の条件とは異なることが多く、職場とあなたの受け取り方が異なることが多いので、転職後にこれは違うな!と思われる方も少なくありません。

 

報酬や給料というのは、数字である程度、納得しているので転職後の不満は出てこないことが多いのですが、条件面は、不確定な面が多く、受け取り方で違い条件になることもあります。
また、職場としても採用前と条件や働き方などを変更してくるケースもあります。

 

 

薬剤師の転職での失敗談としては、転職前の条件と実際に働きだしてからの条件とが違っているというケースが多いと言えます。
また、転職を失敗したという薬剤師さんはほかの業種に比べて少ないと言えますが、失敗もあります。その多くが条件面です。

 

薬剤師の転職で失敗しないためには、転職前の条件の確認と交渉だと言えます。
薬剤師の求人の紹介方法もハローワークや求人情報誌、インターネットの求人サイトなどが挙げられますが、薬剤師求人紹介数が多い薬剤師専門の求人サイトや転職サイトを利用する方が多いと思います。

 

薬剤師専門の求人サイトの場合で転職をする場合、条件、報酬面はもちろん、職場環境などもリサーチしてくれいることも多く、転職の条件の交渉などもしてくれることが多いので、上記のような転職後の条件の不一致も最小限に抑えられると言えます。

 

また、薬剤師転職サイト、求人紹介サイトでは登録後、一人一人に専任のコンサルトさんや担当者がサポートしてくれます。
薬剤師の転職での失敗談も様々ですが、コンサルトさんのサポートでこの失敗も相当軽減できると言えます。

 

特に条件面や職場環境などは直接、見せて頂けることが多く、職場を事前に見せて頂ける職場から自分の合う条件の職場を探すことが可能ですので、事前に自身の目で職場などを確認できるのは、転職先選びの失敗は少なくなると言えます。

 

転職での失敗は、人生設計にも影響することですので慎重にする必要があります。転職を簡単に決める方は少ないとは思いますが、嫌な職場でこれから長く働くことははっきり言って苦痛でしかない場合もあります。
いやいや働くよりも転職で、働きやすい職場を探すという方法もあります。

 

条件面、報酬面などの他にもあなたが希望する条件や職場環境などが探せるのであれば転職という方法もありだと思います。
転職という選択をされている薬剤師さんに、転職を失敗しないためにも、当サイトの薬剤師の転職で失敗しない失敗談を参考にしてください。

 

薬剤師転職の失敗談

※夫の転勤で新天地で転職しました。

夫の転勤で、15年働いてきた調剤薬局を退職することになりました。新天地で働くことを諦めていました。
年齢的にもまた、1から仕事を始める自信がなく、専業主婦をすることに決めていましたが、もう一度働くことにしました。
ハローワークで今までの経験が活かせる求人を紹介して頂き、働き始めましたが、新天地の環境と職場でのストレスで体調を崩し、仕事を辞めることになりました。
ストレスには強いと思っていましたが、1つの職場しか知らなかったことなどで仕事のやり方などに戸惑い、人間関係もうまくいかなかったことなどで自信を失いました。

 

※店舗の廃業で転職

勤めていいた店舗(薬局)が廃業になり仕事を失いました。転職というよりも新しい職場探しをする必要に迫られ、薬剤師求人サイトへ登録しました。
条件や給料などの希望をと絶え、求人紹介、採用して頂けました。
薬局勤務からドラッグストア勤務に転職しましたが、仕事内容や勤務体系などが今までとは違い、職場選びに失敗したのかと後悔しています。

 

※フルタイムからパートタイムに

正社員として働いていましたが、子供に子供との時間をもう少し取りたくて、フルタイムで働くのではなくパートタイムで働くことを選びました。
最初は、長く働いてきたこともあり、同じ職場で働き方、就業時間の変更をお長居していたのですが、当時の職場は、薬剤師の人数もギリギリの職場で、パートタイムとして働くにしてもそれなりの時間働けなければいけないことが分かっていたので、それなら仕事場を変えることを検討しました。
ネットで求人探しをしていたところ、薬剤師求人サイトに登録してみました。
そこからは、とんとん拍子に希望条件で働くことが出来る職場が通勤圏内で見つかり、転職しました。
しかし、職場は遠くなり、最初の条件とは違い、出勤日数、就業時間も希望よりも多く、子供との時間を取るための転職でしたが、それほど時間的に余裕はありません。
薬剤師の職場の多くが、薬剤師の人数に余裕がないと思います。
私のようにパートタイムで薬剤師として働く際には、はっきりとした就業時間、働ける時間を条件に探された方がよいと思いました。


薬剤師転職での失敗の多い事例とは

薬剤師さんの転職率は、他の職業、一般職に比べても少ないと言えます。

 

薬剤師さんは、同じ職場で長く働く方が多く、仕事に満足されている方も多い職業だと言えます。

 

転職を希望する薬剤師さんも最近は増加していますが、その反面、転職して後悔される方も少なからず居ます。

 

 

薬剤師の転職で失敗することが多い事例などを調べてみました。

 

まず、薬剤師転職理由で多いのが、給料、年収の不満からの転職、給料アップの転職です。
薬剤師の転職で年収アップや給料アップの転職は、比較的容易に出来ると言えますが、給料や年収面での転職の場合、今の職場よりも条件や就業時間などが長くなることもあります。また、通勤時間が長くなることも予想され、そのような場合、確かに給料や年収は上がりますが、転職して後悔される方も比率として多いようです。
仕事内容に不満がなく、給料面だけ不満の薬剤師さんの転職は、失敗、後悔される方が比率としては多いと言えます。

 

また、今の職場にやりがいを感じない、仕事内容に不満はないが、毎日同じ仕事で刺激がないなどの理由での転職は失敗することが多いと言えます。

 

薬剤師の転職の場合、今の職場に仕事内容や条件での不満がない場合の転職は、転職後に後悔される方が多いと言えます。

 

逆に給料、年収面よりも就業条件、通勤時間、人間関係からの転職の場合、転職して良かったという声を聴くことが多いと言えます。

 

一概には言えませんが、薬剤師の転職では、就業条件や職場環境などを重視した転職では成功、転職して良かったという方が多く、給料面、年収面を重視した転職では後悔される方が多いように思えました。
給料、年収は、働くうえでは大事なことですが、薬剤師の仕事は比較的、給料面、年収面では恵まれている仕事、職場が多く、それ以上を望まば、スキルや経験も必要になりますし、仕事内容も責任ある仕事になってくると言えます。
合間の職場での不満度にもよりますが、仕事内容や通勤時間、休日など不満がそれほどない場合の転職では後悔される方が多いことは知っておいてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
管理者情報 リンク集