MENU

薬剤師として扶養内で働くには

女性の多い薬剤師、看護師さんの場合、結婚後に扶養内で働くことを希望する方も多いと思いますが、アルバイトやパートで働いた場合でも看護師、薬剤師は時給が高く少ない時間の就業でも扶養内で働くことが困難になる場合が多いと言えます。

 

ここで扶養内の定義を少し

 

103万円、130万円の壁ということを聞いたことはないですか?

 

扶養内で働く際に、よく言われるのが年収103万円で抑える税制上の扶養

 

130万円で抑える社会保険上の扶養が良く言われる扶養内だと言えます。

 

103万円の税制上の扶養は、配偶者排除や所得税、住民税の排除が受けれるものです。

 

130万円の社会保険上の扶養は、社会保険、年金などは配偶者と同じになる扶養です。

 

税金面や社会保険、年金などの排除を考えて結婚後の働き方は考えないと中途半端に働くことで税洗面での優遇がすくなくなり、結局、収入が少なくなることもあります。

 

 

扶養内は、主婦のパートなどでは普通に意識して働く方も多いのですが、薬剤師や看護師の場合、少し働くだけでも年収100万円以上になってしまうことからあまり意識しない方も多いと言えます。

 

 

では、薬剤師で扶養内で働くことは出来ないのでしょうか?

 

薬剤師の場合、アルバイトやパートで働く際に時給は時給2000円前後だと思います。

 

時給2000円で週に20時間働いたとして

 

1週間で40000円です。月に4週あるとして

 

月の給料が160000円です。年収は幾らになりますが?

 

160000X12=1920000円です。

 

大幅に超えています。

 

これの半分の時間低dの時間しか働くことが出来ないですね!

 

週に10時間で4日間働くとしても1日3時間も働くことが出来なくなります。

 

このような働き方では、薬剤師バイトやパートで雇用されることは難しくなりますね!

 

ということは、薬剤師として扶養内で働くことは無理なのでしょうか?

 

 

難しいと言えますが、無理ではないと言えます。

 

例えば、週に3日間で1日3時間程度の仕事や週に2日間、5時間程度の仕事なら扶養内でも働くことが出来ますね!

 

しかし、先ほども書きましたが、アルバイトやパートなどで少ない時間や少ない日数の出勤は働きにくい面もありますし採用されることも少なくなります。

 

 

では、薬剤師バイトやパートでは難しいのであれば扶養内で働くことは難しいと言えますね!

 

 

扶養内で薬剤師として働ける仕事紹介としては薬剤師派遣が有利な面があります。

 

薬剤師派遣なら週に2、3日や1日3時間程度の仕事紹介や単発や短期の薬剤師求人紹介も可能ですので、アルバイトやパート薬剤師の求人では探すことが難しい仕事の紹介も多く、扶養内での就業にも対応できることもあります。

 

ただ、薬剤師派遣の時給は、時給3000円前後の募集が多く、中には時給4000円などの求人紹介もあります。

 

薬剤師派遣で扶養内で働くには、あまり奥に時間の就業が出来ません。

 

主婦、ママ薬剤師さんにとっては、就業時間が少ない仕事、働き方で出来るので、家事、育児に時間を取ることが出来るメリットもあります。

 

薬剤師として扶養内で働くことは条件的に難しいと言えますが、派遣薬剤師などの紹介で空き時間で働くことや就業時間を限定して働ける仕事の紹介で可能だと言えます。

 


薬剤師として扶養内と扶養外で働く分岐点

扶養内、扶養を気にせず働く際の年収の分岐点は幾らくらいでしょうか?

 

薬剤師として扶養内で働くことは本当に少ない時間でしか働くことが出来ないため、仕事探し、職場探しも難しいと言えます。

 

では、扶養内で働いた際、103万円で配偶者排除を受けること、また年収130万円以内で健康保険、年金の支払いを押さえることが出来ます。

 

年収130万円を超えることで、配偶者排除、健康保険、年金の支払いが生じることで実質、年収150万円前後なら実際の手取り、収入は、年収130万円に抑えた際とほとんど変わらないと言えます。

 

扶養外で働く際の年収のボーダーラインは、年収160万円以上と言えます。年収160万円以上なら扶養内で働くよりも手取り額は多くなり、扶養内で無理に働くよりも収入も多くなります。

 

 

薬剤師としてアルバイトやパート、派遣で働く場合で年収160万円以上の仕事は簡単に探すことが可能だと言えます。扶養内、年収103万円や年収130万円などで働くのは比較的難しいと言えますが、年収160万円以上は、結構時間的に余裕も持って働いても得られる年収だと言えます。

 

 

扶養内、扶養外で働く分岐点は一概には言えませんが、手取り収入が逆転する年収は160万円前後だと言えます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
管理者情報 リンク集