MENU

薬剤師の契約社員と派遣との違い

薬剤師として正社員、アルバイト、パートタイム以外で働く際の働き方として、契約社員、派遣社員がありますね!

 

契約社員も派遣社員も決められた期間、契約して働く働き方です。

 

契約社員と派遣との違いは、雇用主の違いです。

 

アルバイト、パートと派遣との違いと同じように、雇用主が違います。

 

薬剤師派遣の場合は、雇用主が派遣会社になります。

 

薬剤師の契約社員は、雇用される会社や企業、店舗などが雇用主です。

 

契約社員にしても派遣にしても契約期間が、ある程度決められていることです。

 

薬剤師の契約社員場合、1年契約などの場合が多く、年収○○○万円〜○○○万円などで募集されていることが多いと言えます。

 

普通に正社員として働くよりも年収が高めの契約が多いと言えます。

 

薬剤師派遣は、年収などでの給料形態ではなく、時給で募集や紹介されることがほとんどです。

 

薬剤師派遣も半年や1年、2年契約などの仕事紹介が多く、フルタイムからパートタイム的な働き方も可能です。

 

契約社員は、基本、フルタイムでの採用が多いのでこの辺りも契約社員と派遣との違いがあります。

 

また、契約社員や派遣社員と聞けば、契約期間中でも解雇、急な契約の打ち切りなどが心配されますが、

 

薬剤師の場合、人材不足の対策として契約社員や派遣紹介に頼る職場が多いため、一般職の契約社員とは待遇なども違うと言えます。

 

薬剤師の契約社員で、契約期間中に契約解除は、ほとんどないと言えます。

 

薬剤師の契約社員と派遣と違いは、雇用主の違いと契約社員は基本、フルタイム、常勤での採用がほとんどで、派遣は、フルタイムからパートタイムまで働き方を選ぶことが可能だと言えます。

 

また、契約社員、派遣社員のどちらの働き方も基本、昇給や賞与などはほとんどありません。

 

契約期間の規制も契約社員と派遣とでは違いがあります。

 

薬剤師の契約社員は、半年や1年の契約の募集が多いようですが、最長で契約できる期間は、5年間です。(専門知識を有する労働者)

 

また、契約社員として5年間の契約期間に達すると「無期労働契約への転換」があります。

 

契約社員として就業した会社に無期労働契約への転換を申し込めます。会社、企業側は原則、拒否できません。

 

正規雇用への転換が出来るということですね!


薬剤師の契約社員の年収

薬剤師の契約社員の給料、年収はどうでしょうか?

 

はっきり言って、契約社員の薬剤師の年収は、高いと言えます。

 

 

上記の求人を抜粋してみましたが、住居費用などを負担してもらえて年収750万円など高額報酬の契約社員の募集を見ることが出来ます。

 

ただ、高額の薬剤師の契約社員の募集が多いのは、過疎地、離島なども多いので、普通に年収500万円〜年収600万円前後の契約社員の場合は、都市部でも多く見つかると言えます。

 

薬剤師の契約社員の年収は、年収500万円〜年収1000万円と大きな開きがありました。

 

地域、職場、条件などによって大きく違ってくると言えます。

 

例えば、こちらの薬剤師契約社員は、

 

 

地域によっては、このような高年収に求人を見ることが出来ます。

 

また、薬剤師の契約社員は、企業などの求人や管理薬剤師の求人なども多く見られます。

 

契約社員で薬剤師の年収は、年収700万円前後の募集を多く見られます。

契約社員の薬剤師のメリット

薬剤師として契約社員で働くメリットは何でしょうか?

 

契約社員で働くなら安定して働ける正社員の方がメリットが多く感じられる方も多いですね!

 

ここでは、契約社員で薬剤師として働いた際の主なメリットを紹介しています。

 

メリットやデメリットの人、立場によって違ってくると言えますが、ここで一般的にメリットと思われることを書いています。

 

ライフワークの合わせた働き方がしやすい

薬剤師の契約社員は、働き方を比較的選びやすく、交渉などもしやすいと言えます。

 

例えば、正社員なら残業などを断りにくいケースが多く、仕事優先の生活になりやすいと言えますが、契約社員の場合、最初の条件に残業ナシや休日出勤なしなどの契約をしていれば、残業や休日出勤などを要求されることはほとんどないと言えます。

 

契約金が決めっているのことでの退職でのトラブルがない

契約社員は、契約期間が決まっています、薬剤師の契約社員の契約期間は、1年や3年などが多く、決められた期間内の就業が出来ます。
退職の際には、円満退社が出来ます。普通、正社員やアルバイトなどでも退職の際には、早めに退職の申告なども必要で、引き留められたりと円満退社出来ることは少ないと言われます。
その点では、契約期間が決めっている契約社員は、退職時期が決まっているので、雇用主側もそれに合わせて人材の募集をすることが出来るのでトラブルなく退職できます。
また、薬剤師の契約社員は、最長5年間の契約が出来るので、契約の延長なども希望によっては出来ることもあるので、退職や契約延長など選択網が出来ることもあります。

 

年俸、年収が最初から高い募集が多い

薬剤師の契約社員は、契約期間が決められていることもあり、スキルや経験次第では、最初から高年収での雇用が多いと言えます。

 

また、薬剤師の人材が少ない地域では、引っ越しなどが前提になりますが、高年収で住居費負担などの募集も多く見られます。

契約社員の薬剤師のデメリット

契約社員で働く際にはデメリットもありますね!

 

契約社員といえば、待遇が悪いや契約の更新などを希望しても更新されないこともあります。

 

昇給や賞与などは期待できない。

 

契約社員は待遇が悪い職場もある

契約社員で薬剤師を採用している会社や企業の中には、薬剤師の人材確保に困っている場合も多く、人材不足で待遇や条件が悪い職場もあります。

 

また、契約社員としての扱いを受けることのあります。契約社員として軽く扱われこともあるそうです。

 

契約期間内での契約の打ち切りがある

薬剤師の契約社員では少ないことですが、契約期間内でも契約の打ち切りや3年契約で1年ごとの更新の場合でも更新されないということがあります。

 

人材が確保できた際には、正社員などの採用で契約打ち切りなども聞かれることです。
契約社員の薬剤師も契約更新や契約の打ち切りがある。

 

年収や給料の昇給がない

契約社員の薬剤師の場合、採用の際に年収、年棒として給料が決まっていることがほとんどですので、会社の景気が良くなった場合でも昇給や賞与などは期待できません。

薬剤師の契約社員 まとめ

ここまで読んで頂ければ、薬剤師の契約社員のことは大体お解り頂けたのではないでしょうか?

 

薬剤師の契約社員は、一般職の契約社員とは少し異なることも多く、働くメリットもあると言えます。

 

また、契約社員と派遣の働き方を比べられる方も多いようですが、派遣と契約社員では、異なることも多いと言えます。

 

薬剤師の働き方としては、正社員で働く方が多い業種だと言えますが、何らかの理由で契約社員や派遣、アルバイトやパートなどで働くことになる場合、契約社員の薬剤師のことが少しでも理解して頂ければ嬉しく思います。

 

契約社員の薬剤師は、期間を決めて働く働き方では、良い条件の仕事や給料も高い求人も多いと言えます。

 

契約社員と聞けば、契約の打ち切りなど悪い噂も多いと言えますが、人材確保が難しい薬剤師業界では、契約打ち切りなどはほとんど聞かないと言えます。

 

契約社員の薬剤師の働き方に誤解を持たれている方も多く感じます。

 

メリットもあればデメリットもあるのでそのあたりを理解したうえで、契約社員として働くことを検討して頂ければよいと思います。

 

また、契約社員薬剤師の求人紹介に実績があり、詳細なども詳しく聞くことが出来る薬剤師求人サイトを下記に紹介しています。

 

無料の登録で、詳細かた非公開求人などの入手もできるので、契約社員の薬剤師に働き方に興味のある方は是非、この機会にどうぞ!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
管理者情報 リンク集