MENU

薬剤師の派遣勤務とパート勤務

薬剤師や医療関連の従事者の働き方も多様化しています。フルタイム勤務以外にもパートタイムた短期、単発などでも働く事が出来る求人なども増えてきました。

 

特に、薬剤師や看護師など人手不足、売り手市場では非常勤やパートタイムで働ける求人は近年需要も多く求人募集も増えています。
女性の多い仕事として結婚や子育てなどで退職される方も多く、この様な薬剤師、看護師さんでも働きやすい時間での求人と言う事でパートタイムの求人は増加していると思われます。したがって条件や給料面も待遇の良い求人募集も見られるようになっています。

 

また、薬剤師としてパートタイムで働く場合でも派遣紹介などでは、高時給、高待遇の求人紹介が多くなっているようです。
薬剤師パートで働く事をお考えの方は、条件や時給などが重要ですよね!特に同じような職場、働く時間などの場合、時給、給料は重要になります。
派遣薬剤師と言う選択も考えながらパート薬剤師の求人探しを行う事により求人の幅も広がり、あなたの希望する働き方や職場、給料形態など見つかりやすくなります。
また、薬剤師求人の場合、紹介会社のコンサルトさんの交渉力は重要で、求人票の条件や給料なども交渉次第であなたが希望する条件になる事も少なくありません。

 

※まとめ

パートタイムの薬剤師求人をお探しなら派遣紹介も視野に入れた求人探しが有効です、そこで薬剤師求人紹介サービスも派遣紹介も可能なサービスを選ぶ事で、薬剤師パートやアルバイトでも薬剤師派遣でも紹介可能になります。求人の幅が増える事で、条件面、給料面の幅も大幅に増える事になります。また、薬剤師求人サイトの場合、ほとんどの場合、専任のコンサルトさんが1人付きなす。このコンサルトさんの交渉力も重要になる事が多く、交渉力のあるコンサルトさんが在籍しているサービスを選ぶ事も重要になります。

 

パートタイムの派遣薬剤師

パートタイム、時間の融通が利く薬剤師求人をお探しの方で、中々条件に合う求人募集に出会わない方も居るのではないでしょうか?
特に、時間的には合う求人募集で報酬、時給に不満の有る事も少なくないのではないでしょうか?

 

パートタイムの薬剤師求人の時給は時給1800円〜時給2200円くらいの募集が多い様です。地域や職業によって変わりますが、募集が多い時給はこのあたりだと思います。
パートタイムでも少しでも時給が少しでも高ければ同じ時間勤務しても給料の大きな差が出てきます。同じ条件で働くのであれば少しでも時給が高い条件で働ければ嬉しいですよね!

 

そこで、今回紹介するのが、パートタイムで働く派遣薬剤師です。薬剤師の派遣は給料が高い事で利用者も増えてきています。パートタイムの場合、薬剤師派遣会社からの紹介の方が、時給が高い事が多く報酬面で考えれば派遣でパート薬剤師を探す方が良いと思います。
また、派遣会社経由ですと福利厚生なども派遣会社で加入する為、パートやアルバイトでも安心です。
報酬面(時給)でも派遣薬剤師は魅力がある働き方だと思います。

 

非常勤勤務、パーとタイムでの派遣薬剤師の時給

薬剤師派遣は、時給面、報酬面で魅力の求人紹介が多いことから派遣に興味のある方、派遣で働きことを希望される方も増加してきています。
パートタイム、パート薬剤師として働き方のほとんどが、女性薬剤師さんで結婚や出産、子育てなどでフルタイムで働くことが出来ない方が多いですよね!
1日、数時間や週に3日程度の就業で働けるパート薬剤師は、時給が気になる方も多いですよね!

 

薬剤師のアルバイトやパートは、高時給だと言われますが、それは一般職と比べた場合ですが、最近は一般職の時給も高騰してきています。
薬剤師の時給は、それほど上がっていないのが現状です。
しかし、派遣薬剤師の紹介は、高時給、高額時給の求人も多く、時給3000円以上、中には時給4000円などの紹介求人もあります。
薬剤師バイトやパートの時給が2000円前後の募集が多いことから見ても派遣薬剤師の時給は魅力はありますよね!1時間に1000円以上の時給の差があれば、月に換算すれば相当額の差が出ることになります。長時間働けば働くだけその差は多くなりますね!
ですので、最近は、非常勤で働くことをお考えの薬剤師さんの多くが派遣も視野に入れています。

 

パートタイムなど就業時間の融通が利く薬剤師派遣紹介
薬キャリ派遣 ファルマスタッフ

時給3000円以上、豊富な求人紹介が可能
福利厚生や保証なども安心、サポートも充実

薬キャリ 派遣の詳細・登録

時給4000円の派遣紹介や自社運営の店舗の紹介
豊富な紹介求人数と交渉力で希望の働き方

ファルマスタッフ派遣の詳細・登録

薬剤師派遣と薬剤師パートの違い

パートタイム、非常勤で働くことには違いのない薬剤師パートと薬剤師派遣は何が違うのでしょうか?

 

最近、薬剤師派遣は時給が高く、たーとタイムで働くのであれば、派遣という選択をおすすめしていることも多くなってきています。しかし、派遣と言えば、条件が悪い、真っ先にクビになる、保障がないなどというイメージがありますよね!
ここまではひどくなくても、派遣のイメージはそれほど良くないと思います。

 

しかし、薬剤師として働く際に、薬剤師パートと薬剤師派遣という選択がある以上、どちらが自分の希望や働き方に合っているのか?パートと派遣の違いとは何なのかを調べました。

 

まず、薬剤師派遣と薬剤師パートの働き方の違いで一番大きいのが雇用契約先です。

 

薬剤師派遣の雇用契約は、派遣会社との契約になります。働く職場と直接雇用契約しない点です。

 

薬剤師パートタイムの雇用契約先は、普通に雇用先との契約になります。

 

ですので、雇用先が違ってきます。給料や保険、保障などが違ってくることになります。

 

次に薬剤師派遣と薬剤師パートで働く上で気になる違いと言えば、派遣の場合、同じ職場で原則3年以上働くことが出来ない点ですね!薬剤師パートならその職場や働き方が気に入り、雇用先が継続できるなら何年でも同条件で働くことが出来ます。

 

また、薬剤師派遣は病院などの医療機関への紹介が原則できません。薬剤師パートなどはこのような規制はほとんどなく、病院での勤務も可能です。

 

薬剤師派遣と薬剤師パートの違いは他にもあるとは思いますが、働く上で気になる項目としては雇用先や働ける条件、保険、保障などではないでしょうか?

 

次に気になるのが、報酬面ですね!

 

雇用条件が違うので一概には言えませんが、薬剤師の派遣とパートタイムでは、時給が大きく異なることが多く、薬剤師パートの時給が時給2000円前後なのに対して、薬剤師派遣の時給は時給3000円前後です。
時給面では大きな開きがあります。

 

この時給の差で、パートタイムで働くことを希望する薬剤師さんの中には派遣を選ぶ方が増えています。

 

薬剤師派遣と薬剤師パートの違いをもっと知りたい方、派遣とパートタイムのどちらで働こうかお悩みの方は、薬剤師派遣、薬剤師パートの求人紹介が可能な薬剤師求人サイトに仮登録して詳細を聞くことをおすすめします。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
管理者情報 リンク集