MENU

薬剤師派遣と薬剤師パート、正社員との雇用形態の違いとは?

薬剤師として働き際には、正社員やパート、アルバイトや派遣など雇用形態別に条件や給料などが違ってくると思います。

 

薬剤師派遣で働き前に、派遣薬剤師とパート薬剤師や正社員の薬剤師の働き方の違いなどを理解しておきたいですね!

 

薬剤師派遣で働き始めて、「えっ」とならない為にも派遣薬剤師やパート薬剤師との雇用形態の違いからくる条件の違いなども知っておきたいですね!

 

薬剤師は嫌悪働き方は、パートタイムやアルバイト的な薬剤師の働き方と類似することが多いと思います。フルタイム、常勤で派遣薬剤師として働く方は少数だと思いまが、薬剤師の雇用形態として正社員で働く方が多数肌ということもあり、正社員、パートタイム、派遣の違いを分かりやすく書いてみました。一目でわかる票でも書きましたので、薬剤師派遣会社の登録する前に確認してください。

 

正社員

雇用形態は、常勤でその会社で決められた就業規則に従事する働き方で社会的地位や給料面でも基本給や賞与、退職金なども出ますので将来的にも安心です。また有給休暇や育児休暇や福利厚生なども充実しています。
その反面、正社員としての責任なども付いてきます。残業などもある職場もあり就業時間は長くなります。

 

パート、アルバイト

薬剤師のパートやアルバイトは、基本的にフルタイムで働くことが出来ない理由から働ける時間いに合わせた働き方が出来るメリットがあります、家事や育児との両立など主婦薬剤師さんに人気の働き方です。
週に2〜3日や1日4時間など働くことが出来る曜日や時間だけ働けます。保障などは正社員に比べて劣りますが福利厚生などは就業時間次第では受けることも可能です。
賞与や退職金などはもちろんありません。

 

派遣

薬剤師派遣は、派遣会社方の紹介で働く働き方で、上記の正社員、パートとの違いは雇用契約が派遣会社になることです。派遣登録をしてから仕事の紹介になります。
パートやアルバイトと雇用条件は似ていますが、時給面ではパートやアルバイトよりも高い傾向にあります。
福利厚生なども就業時間や条件次第では派遣会社で受けることが出来ます。

 

雇用形態でそれぞれのメリットやデメリットはありますが、理解して選べば雇用後の失敗や後悔は少なくなると思います。職場によっても条件なども違ってくると思いますのでこれだけではわからないことも多いと思いますが参考になればと思います。

 

雇用形態の違い早見表

雇用形態 雇用主 項目名3 項目名4
正社員 勤務先 ・給料が安定している

・有給、育児休暇が受けられる
・賞与や退職金制度がある
・同じ職場で長く働ける

・残業など就業時間が長い

・責任感が重しになることも

パート、アルバイト 勤務先 ・勤務時間を選べる

・急な休みが取りやすい
・時給も高い

・福利厚生や保証などが受けられないことも

・収入面で少し不満も

派遣 派遣会社 ・希望する条件の仕事紹介

・時給、報酬が高い
・福利厚生も条件次第で受けられる
・短期や単発でも働くことが出来る

・同じ職場で3年以上働けない

・責任のある仕事を任せてもらえないことも
・契約期間が決められている

 

薬剤師派遣と薬剤師パートの違い まとめ

薬剤師派遣と薬剤師パートの違いとしては、雇用先の違いと薬剤師派遣は、規制や期間が決められていることです。その反面、パート薬剤師の報酬、時給よりも高く、パートやアルバイトの場合、時給2000円前後の仕事が多いのに対して派遣薬剤師は、時給3000円前後の仕事紹介が多いですね!
また、パートなどでは探すことが難しい短期、単発で働くことが出来る仕事も派遣紹介なら地域によっては可能です。
同じ職場で3年以上働けないことを除けば、パートも派遣もそれほど就業条件が異なることはなく、時給面で魅力のある派遣という薬剤師の働き方が増えてきています。

 

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  
管理者情報 リンク集