MENU

副業をお考えの薬剤師さんへの派遣紹介

薬剤師で副業をされている方も最近は増えています。薬剤師の副業と言えば、単発やスポットなど1日だけのアルバイトなどが多いですよね!
休日に、1日だけ薬剤師バイトで稼ぐ、調剤スキルを付けるなど目的は様々です。しかし単発薬剤師求人を薬剤師求人サイトなどで探して見てもほとんど見かけませんよね!単発やスポット薬剤師求人は、一般の求人サイトや薬剤師専門求人サイトでもほとんど募集していません。

 

単発やスポットの求人の性質上、求人募集をしている事がほとんどないのです。それは、単発、スポット薬剤師募集をする場合は、急な人材不足や確実に人材が必要な場合がほとんど、求人サイトや求人誌などへの募集で確実に人材を確保できる保証がないですからね!

 

そこで、この様な求人の場合、確実に人材の紹介が可能な派遣紹介会社に依頼すします。この際、ほとんどの場合、報酬が高く募集を掛けます。その為、単発薬剤師求人は、高時給の募集が多く、時給3000円以上、高い求人なら時給4000円以上も珍しくありません。仮に1日だけの単発バイトで、8時間勤務した場合、3500円X8=28000円になります。

 

副業としては魅力ありませんか?この様な仕事を、月に1、2日する方も最近多い様です。あなたも薬剤師としての副業に興味をお持ちなら、単発薬剤師、スポット薬剤師求人紹介が出来る薬剤師派遣会社で紹介依頼してみましょう!

 


派遣紹介なら求人探しの手間が軽減される

薬剤師の副業を始めようとお考えなら副業出来る求人探しをしなければいけないですよね!仕事をしながらの求人探しは以外に手間と時間が掛かるものです。
特に副業で出来る薬剤師バイト、単発やスポット、夜間バイトなどは求人数も少なく探すだけでも大変な事も少なくなく、副業を始めようと思った薬剤師さんの中でも諦める方も少なくありません。

 

簡単には見つける事が難しい副業の薬剤師求人を紹介出来るサービスがあれば副業の敷居も低くなると思いませんか?
副業の薬剤師バイトで人気の単発の薬剤師バイトなどの紹介にも強いのが派遣紹介です。薬剤師の派遣は特殊な求人紹介も多く副業などでも出来る条件の求人紹介などにも実績が有ります。
また、こちらの働ける条件などを登録しておけばそれに見合う求人を紹介してく入れるので求人探しの手間も省けます。実績を上げれば優先的に求人紹介して頂ける事も多く好条件、高時給の求人を優先的に紹介も可能です。

 

薬剤師で副業をお考え、始めるのであれば派遣薬剤師は外せないのではないでしょうか?求人紹介はもちろん、継続的に希望する求人紹介も可能なケースも多く始めるハードルも下がると思います。

 

派遣薬剤師として副業する際に注意点

派遣薬剤師として働くためには、規制をクリアーする必要があります。
医療業界の派遣紹介には、制約や規制が多く、一般職の様に簡単に働くことが出来ない事も有ります。

 

薬剤師派遣で働く条件としては

 

例外条件
・ 本業収入が500万以上のの人(副業として日雇い派遣)
・ 60歳以上の人
・ 雇用保険の適用のない学生
他にも細かく例外例は有るようです。

 

薬剤師派遣で副業をお考えなら、上記の条件をクリアー出来ていることや他にも例外があるので、まずは、薬剤師派遣会社などで聞いてみてください。

 

また、薬剤師を本職として働いている場合、副業を禁止している会社や企業がほとんどです、就業規則を確認して方、副業で働ける仕事を探すか派遣登録をしてください。
本業に迷惑を掛けてまで副業をすることは本末転倒になると思います。
薬剤師が不足している地域では、副業で働くことは喜ばれることも多く、報酬なども魅力が有ると思いますが、規約や規則はしっかり確認の上、求人に応募してくださいね!

 

薬剤師派遣紹介の副業の詳細
薬キャリ派遣 ファルメイト

時給3000円以上、豊富な求人紹介が可能
福利厚生や保証なども安心、サポートも充実

薬キャリ 派遣の詳細・登録

最低時給保証や高時給の派遣紹介が豊富
都市部での薬剤師派遣紹介に強い、実績豊富

ファル・メイトの詳細・登録

薬剤師の副業、ダブルワークは派遣で探す

薬剤師など医療従事者の副業は、いろいろな規制が有ります。副業やダブルワークをお考えなら薬剤師の副業などに詳しい求人紹介サービスのご利用をおすすめします。

 

当サイトでは、薬剤師の副業、ダブルワークの紹介などにも実績が豊富な薬剤師派遣会社を紹介しています。薬剤師の副業で人気がある求人が、単発薬剤師求人、スポットで1日だけ働く働き方です。本業の休日に働く事が出来る事や時給が高額な募集が多い事などから、薬剤師の副業では人気が有ります。
また夜勤アルバイトなども薬剤師の副業で利用されることが多くなっています。都市部では、24時間営業のドラッグストアや薬局や深夜まで営業している店舗が増加している事などから、夜勤で働ける薬剤師バイトの募集が多くなった事なども要因の1つだと思います。

 

しかし、薬剤師の場合、本業に差し支える副業、ダブルワークは控える事が賢明です。特に夜勤で薬剤師として働く事は本業に差し支える事も考えられます。この事からも夜勤で副業をする際にも、週に1日程度、休日前などがで働く事をおすすめします。
単発やスポットの薬剤師で副業する場合でもオーバーワークにならない様に気を付けなければいけないですよね!単発やスポットの薬剤師求人の場合、処方箋枚数など枚数指定なども有ります。枚数で時給や日給なども上下する事も有ります。

 

夜勤、単発薬剤師として副業、ダブルワークをお考えなら、派遣薬剤師として働く事になると思います、特に単発薬剤師求人は、派遣紹介でないと探せないケースがほとんどですので、派遣登録が必須になると思います。

 

そこで、単発やスポットなど薬剤師求人紹介ができ、薬剤師の副業にも理解の有る薬剤師派遣会社を紹介しました。
まずは、仮登録で、薬剤師の副業について相談して見てください。


薬剤師の副業、ダブルワークは難しい?

薬剤師で副業やダブルワークを考える人は少ないと思います。薬剤師の副業は基本、職場や会社で禁止されていることが多く、医療関係の副業は、規制が多いことなどから薬剤師の副業は、難しいと言えます。
まず、薬剤師の仕事をしながらの副業、ダブルワークは、今勤めている職場の理解が必要ですが、副業には理解はないと思われます。

 

薬剤師として働きながらの副業は規制や禁止事項で難しいことが多いのですが、薬剤師資格を持ちながら薬剤師以外の仕事をしている方は、薬剤師としての副業やダブルワークで高時給の仕事を探すことも可能です。しかし技術面やスキル、経験がなければできない仕事がほとんどです。

 

上記のことをクリアー出来る薬剤師さんなら副業、ダブルワークで薬剤師として高時給の仕事を探すことも可能です。例えば単発やスポットなど1日だけの仕事などの場合、休日に働くことが出来るだけでなく時給、報酬も高く副業として魅力があります。

 

薬剤師として副業が出来る環境で、副業をお考えなら派遣として働くことをおすすめします。派遣紹介をしている薬剤師派遣会社なら薬剤師の副業に関する情報も多く、規制情報も豊富ですので副業をする際にいろいろ相談もできますよ!
また、副業をしやすい単発やスポットの薬剤師求人紹介も豊富です。

 

副業が出来ない薬剤師

薬剤師は、副業を禁止されている職場が多いと言えます。

 

ですが、薬剤師でも管理職、管理薬剤師は、副業が出来ません。薬事法で禁止されています。

 

また、公務員薬剤師は副業が出来ませんね!国立病院などの勤務の薬剤師は副業が禁止されています。

 

薬剤師の副業って難しいのですよね!

 

本業で禁止されている薬剤師さんでも副業をしている方も居ると思いますが、副業で無理して本業の仕事に迷惑が掛かることもあるので良くないですね!

 

副業を認める企業、会社は増えていますが、薬剤師業界は、医療業界は、まだまだ副業には閉鎖的な会社、企業、医療施設がほとんどで、今働いている職場が副業禁止なら副業は出来ないですね!

 

薬剤師の副業が禁止されているのは、

 

1、管理薬剤師

 

2、公務員薬剤師

 

3、職場での副業不可の薬剤師

 

ですね!

 

また、薬剤師の副業と言えば、単発で薬剤師として働く方、希望する方が多いと思いますが、単発薬剤師の仕事紹介の多くが派遣紹介です。

 

薬剤師単発派遣にも規制(上記に記載)が有るので、誰にでも紹介が出来るということはありません。

 

薬剤師として副業するには、規制や禁止などを調べてから始めることが重要です。

薬剤師は掛け持ちで仕事が出来る?

薬剤師や医療従事者は、一般職に比べて副業、掛け持ちの仕事に規制が多くあります。
薬剤師の場合ですと管理薬剤師の副業は禁止されています。また、ほとんどの薬剤師の職場で副業、掛け持ちは禁止されていると思います。ほとんどの場合、就業規則に副業の禁止が記載されていると思います。

 

薬剤師の副業、ダブルワークなど掛け持ちで働くことをお考えなら、まずは、今働いている職場も理解が必要になります。また、管理薬剤師の場合は、薬事法で副業は禁止されているます、もしこれに違反するとあなたの働いている職場が営業停止の処分になりますよ!

 

逆に、管理薬剤師や公務員薬剤師など副業が禁止されている職種以外の薬剤師さんや薬剤師資格を保有している方で薬剤師資格が必要な職場で働いていない方には、薬剤師の副業、掛け持ちが出来るという事です。

 

薬剤師の副業、掛け持ちで出来る仕事として単発やスポットの薬剤師求人が有ります。副業をされているほとんどの薬剤師さんが、この単発薬剤師を希望されますね!
また、夜間や深夜の薬剤師バイトなども副業として働きやすい仕事ではないでしょうか?

 

上記の薬剤師求人の特徴として時給が高額だという事ですね!夜間や深夜の薬剤師バイトなら時給3000円の求人も多くあります。単発やスポットの薬剤師求人も時給3000円以上が多く、時給4000円以上の求人などの紹介もあるようです。

 

副業、掛け持ちの薬剤師求人に興味のある方は、上記の求人紹介が可能な派遣薬剤師紹介への登録が便利です。単発薬剤師求人のほとんどが、薬剤師派遣としての紹介にありますので、単発薬剤師求人紹介が可能な薬剤師派遣会社で詳細をお聞きください。

 

単発派遣をするための条件

 

 

薬剤師の副業の職場

薬剤師の副業として出来る仕事の職場と言えば、薬局やドラッグストアなど医薬品の販売や処方箋業務が多いと言えます。病院などでは、副業で薬剤師求人を募集していることはほとんどないと言えます。
副業で薬剤師として働く場合、職場は、調剤薬局かドラッグストアなどになることがほとんどです。

 

特に薬剤師の副業として人気が高く単発の薬剤師は、処方箋などの業務の薬局系の職場が多いと言えます。

 

薬剤師の副業は、規制などが多いので副業として採用している職場はそれほど多くなく、単発や短期の薬剤師求人なら副業OKで採用、雇用していることが多いので、調剤薬局など処方箋数が必要な職場や現場などで募集があるケースが多いので副業を始めようとお考えなら、単発の薬剤師求人紹介が可能な薬剤師派遣会社の利用がおすすめです。
薬剤師として副業で出来る仕事や求人は限られていると思いますので、まずはあなたの条件でも出来る求人募集が有るのかを調べるためにも派遣紹介が可能な薬剤師求人サイトでお聞きください。

副業、ダブルワークが出来る薬剤師求人が探せる薬剤師求人サイト

薬剤師の副業、ダブルワークは規制や禁止が多く、副業を始めるまでにクリアーしなければいけないことが多い職業でもあります。
正社員、常勤で働く薬剤師さんの場合、職場で副業が禁止されていることがほとんどで、まずは職場の理解が必要になります。また、管理薬剤師は、薬事法で副業は禁止されているなど、薬剤師の副業は敷居が高いと言えます。
それでも、副業やダブルワークで休日や空き時間に少ない時間でも働きたい薬剤師さんや掛け持ちで働きたい薬剤師さんもいると思います。
このような方に、副業、ダブルワークの薬剤師求人紹介に実績がある薬剤師求人サイト、薬剤師副業に際に利用が多い薬剤師派遣を紹介しています。
副業、ダブルワークを始めるならまずは、下記紹介の薬剤師求人サイトへの無料登録からあなたの条件での副業、ダブルワークの求人紹介が可能なのかお尋ねください。

 

業界トップクラスの利用者数、紹介求人数で満足度も◎
派遣紹介、アルバイト、パートの紹介も可能、条件に合う働き方が可能
副業、ダブルワークに理解のあるコンサルトさんのサポート

薬剤師派遣紹介では実績が豊富で副業の求人紹介実績もあり
単発薬剤師求人紹介や掛け持ちで出来る求人紹介
時給保障など高額の薬剤師派遣紹介が可能

日本調剤グループグループ運営の薬剤師求人サイトで保有求人数もトップクラス
調剤薬局に求人紹介に強く高時給の派遣紹介も多い
派遣紹介から短期、単発など掛け持ちでも出来る求人多数

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
管理者情報 リンク集