MENU

薬剤師派遣の新型コロナウイルスの影響が深刻

新型コロナウイルスの影響で病院、薬局の経営が深刻になっていると言われていますよね!

 

実際、3月以上、多くの病院で患者さん数の減少が見られます。それに伴い薬局も影響を受けています。

 

処方箋数の減少は深刻です。

 

薬剤師にも大きな影響が出始めています。特に薬剤師派遣は、採用数、求人募集数の減少、雇い止めなど深刻だと言えます。

 

3月前までは、薬剤師派遣は、多くの求人募集が見られ、希望する条件の仕事探しにそれほど苦労する方がなかったと思いますが、今現在の薬剤師派遣の現状は、以前とは違っていることは想像が付きますよね!

 

新型コロナウイルスの収束はまだまだ先になりそうで、最近は、また感染者が増え、第2派とも言われています。

 

薬剤師の職場の多くが、新型コロナウイルスの感染リスクが高いと言えますが、職場環境、仕事なども過酷になっているというのも聞こえています。

 

新型コロナウイルスへの感染リスクや経営面からも最低限の薬剤師の人材で営業している店舗も増えているようです。

 

薬剤師の人材が減るということは、薬剤師派遣で働く薬剤師さんには深刻な問題になってきています。

 

このまま、COVIT-19、新型コロナウイルスの終息が遅れ、何カ月も患者さん数が減り、処方箋枚数が減れば、今よりももっと深刻になると予想されています。

新型コロナでも薬剤師の採用は深刻ではない

新型コロナウイルスで医療業界に大きな影響があるという報道も多くなっています。

 

先日は、病院の看護師のボーナスカットで多くの看護師が退職の意向を示すという報道を目にしましたね!

 

薬剤師も雇用やこれからの雇用条件なども心配になりますよね!

 

ただ、薬剤師業界は、業績が悪くなったとはいえ、人材不足が解消されえた訳ではありません。

 

まだまだ、薬剤師の採用募集は、薬剤師求人サイトではそれほどの減少はないという報告もあります。

 

薬剤師派遣から本採用、正社員に移行されるという方も出てきています。

 

このような不足な事態、感染症などでの経済の現職では、派遣はもろに影響を受けることになります。

 

薬剤師派遣はそれほどの影響がないとも言われていますが、急激な処方箋数の減少などの場合、まず、派遣から雇い止めなどの影響が出てくると言えます。

 

なら、この機会に薬剤師派遣から正規で働くことを考えることは普通ですよね!

 

薬剤師転職サイトの調べでは、新型コロナウイルス後の薬剤師の転職希望はそれほど減少していないそうです。

 

もともと人材不足が深刻な薬剤師業界では、業績が良い会社では、薬剤師の確保に求人募集を強化していると聞きます。

 

逆に言えば、このような状況でも薬剤師求人をしている会社が経営が健全な会社、今、募集を控えている会社がは、経営が著しくない会社と言えるのではないでしょうか?

 

今は、薬剤師転職で、良い会社、体力がある会社への転職がしやすくなっていると言えます。

 

COVIT-19後でも多くの薬剤師求人募集を保有している薬剤師求人サイト

 

新型コロナウイルスからの薬剤師派遣の今後

薬剤師派遣の雇い止めなどが言われていますが、実際や、薬剤師派遣の雇い止めはごく一部だと言われています。

 

経営が著しく悪化した会社では、薬剤師派遣の解雇なども聞きますが、逆に、この場は薬剤師派遣を利用して経営を立て直すという会社もあります。

 

また、全ての薬剤師の職場は経営が思わしくないということでなく、ドラッグストアなどは、新型コロナウイルスが追い風になっていると言えます。

 

薬剤師派遣の求人募集は減少したと言われますが、薬剤師の人材不足が解消された訳ではありません。

 

薬剤師の人材が必要な会社、店舗では薬剤師派遣を利用して人材を確保することも多くなっています。

 

また、期間を決めて雇用できる薬剤師派遣は、このような不安な経済状況では、雇用が徐々に増えてくると言われます。

 

薬剤師派遣は今後も需要は、多くなると思われます。この新型コロナウイルスで薬剤師派遣の中には、仕事が減少した、雇い止めに合ったという方も居るかもしれませんが、徐々にではありますが、薬剤師派遣での短期の募集なども増えているようです。

 

薬剤師派遣で仕事が減少したという方は辛いかもしれませんが、逆に新型コロナウイルスの感染リスクが減ったと思えば良いのではないでしょうか?

 

薬剤師の中には、休みたくても休めない方も多く、家族との別居などもあります。

 

医療従事者の新型コロナウイルスの感染リスクが高く、仕事も大変な時期です。それに伴い手当が出ることもほとんどなく、先日、報道の看護師のボーナスカットなど医療施設の中には経営が著しく悪くなっているところもあります。

薬剤師の働き方、職場環境がコロナで変わる

新型コロナウイルスで職場環境、働き方が変わった薬剤師さんも多いのではないでしょうか?

 

コロナで薬剤師さんの不安の上位が感染リスク、マスク不足ですね!

 

特に新型コロナウイルスへの感染リスクは、薬剤師にとって深刻です。

 

医療従事者への感染が、毎日のように報道されていることや院内感染なども多くなっています。

 

薬剤師のコロナウイルスへの感染リスクは高くなっていると言えます。

 

ただ、職場でも新型コロナウイルスへの感染予防はされていると思います。

 

マスクの支給、消毒液、体温測定や対面の場合は、ビニールカバーやパーテンションの設置など様々な対策をしていますよね!

 

ただ、会社、店舗によって、新型コロナウイルスへの感染対策も違っていると言えます。

 

上記の記載は、最低限の薬剤師の職場の感染対策です。

 

それ以外にも定期的なPCR検査なども必要だと言えます。

 

新型コロナウイルスへの感染は自分だけでなく、家族、周りに人にも迷惑が掛かります。

 

職場でのコロナ対策は、積極的に会社へ提案して取り組むことも重要です。

 

特に東京都やその周辺都市、大阪など感染者が増加傾向になる地域での薬剤師の働き方は、今後の対策をしながらの働き方になると言えます。

 

薬剤師の感染対策は、今後も様々な対策がと取り入れられると思われます。

 

薬剤師の働き方、職場環境は、新型コロナウイルス前と後では大きく変わったと言えます。

 

オンライン、リモート診療の増加とともに薬用指導などもリモート化してくるかもしれません。

 

処方箋なども郵送になってくるかもしれません。

 

新型コロナウイルスで生活も変われば、職場、働き方も大きく変革しています。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
管理者情報 リンク集