MENU

コロナ過で変わった薬剤師の職場と求人

コロナの影響は、いろいろなところに出ています。

 

特にコロナ、covit19で医療業界は大きく変わりました。

 

病院、医療機関の患者数の減少やコロナ対策、経営難など、医療業界も大きなダメージです。

 

薬剤師も病院の患者数が減少すれば、ダメージは避けられないですね!

 

コロナ過での薬剤師の職場、求人事情はどうなのでしょうか?

 

コロナ前までは、薬剤師や看護師などの医療従事者は売り手市場で人手不足と言われていました。

 

コロナ後でももちろん、医療業界の人材不足が解消されたとは言えませんが、新たに求人を募集する医療機関は減少しています。

 

薬剤師の求人もコロナ前に比べて、減少しています。

 

特に期間限定の仕事や派遣などの薬剤師求人は、特に減少しているようです。

 

コロナの収束が見えないまま、第3波が来ている、コロナ陽性者の増加は、まだまだ、薬剤師の仕事、求人への影響は大きくなると予想されます。


大手薬剤師求人サイトのコロナ過の影響

大手薬剤師求人サイトの情報では、コロナの影響で薬剤師の求人数は以前よりも少なくなっているだけでなく、条件なども厳しいことも多くなっているそうです。

 

もちろん、コロナ過では、薬剤師の転職希望者も減少しているそうです。

 

薬剤師業界は、売り手市場と言われますが、コロナ後に以前のようになるのかも不安要素も有るようです。

 

コロナ過では、観光業界、飲食業界に多大な影響が報じられていますが、医療業界も大きな影響が出ています。

 

大手薬剤師求人サイトでも求人の減少はもちろん、転職希望者の影響で転職業界にも大きな影響が出ているそうです。

 

正直、薬剤師として転職することはコロナ過ではあまり良い選択ではないと思われます。

 

また、以前なら薬剤師の単発の派遣などの募集も多く見られましたが、スポット的な仕事も減少しています。

 

医療業界、薬剤師の仕事探しもコロナ過では思うようにいかないことが多いそうです。


コロナ後の薬剤師の仕事探し

コロナ過では、薬剤師の仕事探しは、コロナ前よりも求人数も減り、条件面でも不利だと思われます。

 

今、薬剤師の仕事探し、求人条件は、良いとは言えないですね!

 

コロナという、今は先が見えない、ここ先、どれくらいコロナの影響が続くのかもわからないですが、コロナの影響で職場環境の悪化や収入源など薬剤師の影響も大きくなり、コロナ後に転職や仕事探しをと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

コロナ後の薬剤師の求人や職場環境のことはわかりませんが、医療業界のコロナのダメージは改善して、薬剤師の求人募集も増加することは予想され、条件なども良くなると思われます。

 

コロナ禍で、仕事探し、転職を考えるよりも、コロナ収束後に、条件の良い求人探し、仕事探しをするほうが懸命だと今は思われます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  
管理者情報 リンク集