MENU

薬剤師派遣のメリットとデメリット

薬剤師派遣に興味をお持ちの方の訪問だと思います。
薬剤師派遣の事をネットだけで調べられたことや知人に聞いたことがある方がほとんどだと思いますが。派遣薬剤師は高時給や就業時間の融通が利きやすいと言われていますよね!

 

実際、薬剤師派遣で働いている方の多くが、薬剤師バイトやパートで同じような条件で働いている方よりも高時給の事も多く、働く条件、就業時間が柔軟な職場が多いと聞きました。

 

派遣と聞けば、条件面や給料面で厳しいイメージがありますが、薬剤師など医療業界の派遣は、一般職と違い高給料の求人や条件面の柔軟性がありますね!
薬剤師派遣会社の中には、時給3000円以上の求人紹介多数や最低時給の保証をしている派遣紹介会社もあるそうです。
派遣薬剤師の働き方としては、高時給で短期間に稼ぐ働き方が合っていると思います。
若い女性薬剤師さんの中には、派遣薬剤師として数か月働いて、ある程度貯金が出来てから、趣味のダイビングや海外旅行に出かける方を聞いたこともあります。

 

 

薬剤師派遣として働くメリットとしては、好条件、高時給の求人紹介が多く、働き方、修行時間の自由度があること、例えば、アルバイトやパートタイムで薬剤師として働くことを希望されている方にも同じような条件で薬剤師派遣を探した場合、時給面で魅力が有ることも少なくありません。
また、時給が高いのでフルタイムで働いた場合でも、給料は正社員の薬剤師よりも高くなることもあります。
給料面、時給面と就業時間の自由度は、派遣薬剤師のメリットと言えます。
派遣で働くことを希望される薬剤師さんのほとんどが、給料面の優位性と働く時間の自由度です。

 

逆に薬剤師派遣で働くデメリットとしては、派遣法の規制で同じ職場に原則、1年以上働くことが出来ない事です。
薬剤師の場合特に慣れた職場に長く働くことを希望される方が多いので、1年後にまた、職場に転職することになることは、派遣で働く敷居が高くなるのではないでしょうか?
短期や同じ職場に長く働くことを希望しない方や短期間に稼ぎたい薬剤師さんには、都合が良いと思います。
他には、薬剤師派遣での募集している職場は、薬剤師の人材が不足している職場も多く、即戦力の方の募集がほとんどで、経験やスキルはある程度必要になります。
また、遣り甲斐という目的で仕事、職場を探すことが困難でもあります。短期間しか同じ職場で働くことが出来ないという事は、その職場でのスキルや経験、患者さんとの関係を築くことが難しくなると言われています。
かかりつけ薬剤師さんなどが導入されている中で、長く同じ職場で働けないことは、患者さんに指名されてもそれにお答えできないこともあるからです。

 

他にも、薬剤師派遣おメリット、デメリットもあると思いますが、主な派遣でのメリット、デメリットを書いてみました。
薬剤師派遣で働くことをお悩みの方も働くことを検討されている方、派遣薬剤師として働くことが決まっている方に参考になれば嬉しく思います。