MENU

夜間、深夜、早朝の薬剤師の職場と求人紹介

薬剤師の働き方もアルバイトやパートなどの非常勤で働く方も増加しています。正社員の雇用が多かった医療業界の働き方にもパートタイムやアルバイト、派遣で働く方の増加と共に薬剤師求人も多種多様になってきています。

 

また、医薬品を扱う店舗の営業時間の多様性、24時間営業のドラッグストアやコンビニエンスストアの医薬品取り扱い、深夜営業のスーパーのドラッグストアや薬局、駅前のドラッグストアなども深夜まで営業している店舗なども増加しています。
このような店舗の薬剤師求人は、時間帯も深夜や早朝などの募集もあります。

 

深夜や早朝、夜間の薬剤師の働き方としてダブルワーク、副業でお考えの方も多いのではないでしょうか?また、昼間は薬剤師以外の仕事をしている方の副業などにも高時給の薬剤師バイトとして深夜バイトなどの中には週に1日、2日だけの勤務で出来る求人などもあるようです。

 

夜間や深夜バイトの薬剤師求人は、時給が高く、時給3000円以上の募集も多くあります。特殊な働き方ですので募集数は決して多くなく、中期によってはほとんど募集がない場合もありますが、深夜まで営業している店舗などがあれば薬剤師の求人募集は比較的容易に探すことも可能ではないでしょうか?
この時間帯に働ける薬剤師さんは多くないのが現状で、その為時給は高く少ない時間でも稼ぐことが出来る職場が多いので副業や昼間に働くことが出来ない薬剤師さんの働き方としては魅力があるのではないでしょうか?

 

特に24時間営業のドラッグストアの場合、深夜の薬剤師バイトなどの募集には高時給が多くあります。
ダブルワーク、副業などで深夜バイト、夜間バイトの薬剤師求人をお探しの場合は、あなたの立場で副業が出来るのかが問題になると思います。まず、薬剤師の中でも管理薬剤師は、副業が禁止されています。また、薬剤師の職場のほとんどが副業を禁止しているのでまずは、今の職場が副業可能なのか確認が必要にあります。

 

上記をクリアー出来た場合でも、掛け持ちの仕事は肉体的にもきつくなることがほとんどで、薬剤師の仕事上、ミスが許されない職場ですので責任をもって始めてください。
ダブルワーク、副業での夜間、深夜バイトは精神的にも肉体的にもきつくなることも多くなりますので余裕を持った働き方は心がけてくださいね!
夜間バイト、深夜バイト、早朝バイト薬剤師求人を探すのであれば、薬剤師求人サイトの利用は必須になりますが、特に特殊なバイトになりますので、派遣薬剤師の紹介が多く、派遣紹介も可能な薬剤師求人サイトを選びましょう!