MENU

かかりつけ薬剤師制度とは

かかりつけ薬剤師制度は、28年4月から実施された制度で、患者さんが薬剤師を指名して毎回同じ薬剤師が担当する制度です。
かかりつけ薬剤師制度のメリットは
かかりつけ医を持ちましょうという事と同じようにかかりつけの薬剤師を持つことで同じ薬剤師さんが、毎回担当して頂けます、特に高齢になり薬の服用が増えてくる方には、担当薬剤師が居ることで薬の飲み合わせの管理や相談なども出来ることなどが挙げられます。
健康食品やサプリメントなども把握して頂けるので、服用などの指導、注意点なども聞けます。

 

また、同じ薬局を利用することで過去の服用データーや患者さんの服用後の経過なども継続してチェックして頂けます。服用後の体調変化にもすぐに対応して頂け、必要なら医療機関などへの連絡もして頂けます。
最後に、かかりつけ薬剤師制度では夜間、営業時間外でも相談することも可能です、急な体調不良にも対応、相談出来ます。

 

このようにかかりつけ薬剤師制度とは、担当する薬剤師を持つことで服用する薬を把握して頂け、今までならどのような薬を服用しているのかなどいろいろ聞かれることも多かったことが、かかりつけ薬剤師が把握して頂けるので安心できるようになります。

かかりつけ薬剤師制度による薬剤師の働き方

かかりつけ薬剤師制度で薬剤師の負担は多くなると予想されます。担当する患者さん数が多くなれば、負担増加は否めません。

 

かかりつけ薬剤師制度に伴い薬剤師さんの働き方にも変化が出てきているのではないでしょうか?薬局などで正社員として薬剤師として働いている場合、かかりつけ薬剤師として指名を受けることが多くなり、負担や夜間の対応なども増えてくると予想されています。

 

その為、正社員の薬剤師からアルバイトやパート、派遣薬剤師として気楽に働く薬剤師さんの増加することは予想できますね!
実際、薬剤師さんの転職も増えているそうです。

 

かかりつけ薬剤師として担当する患者さん数が増えれば給料、報酬も増えることもありますが、報酬増加が限定的で、それ以上の負担は否めないですね!
ですので、今まで無理して正社員として働いてきた薬剤師さんが、非常勤、アルバイトやパートタイムへシフトする方や考えている薬剤師さんも多くなっているのが現状です。

 

かかりつけ薬剤師制度は、薬剤師仕事、職場環境、働き方にも大きな影響を与えそうです。薬剤師業界は、ここ数年、院外薬局など変化が多い職種で働き方の選択も重要になってきています。