MENU

結婚、出産後の薬剤師の働き方

女性比率6割と言われている薬剤師業界では、結婚や出産後に今までの働き方を見直す方も多いですよね!
結婚後、出産後に家庭に入る方も少なくなく、退職される方も少なくありませんが、仕事を続けることを選ぶ方も多いですよね!しかし、結婚後は、今まで通り働ける方でも出産後は、フルタイム、正社員として働くことが難しくなる方が多く、出産後、育休の後にパートタイムとして働くことを選ぶ方も少なくありません。

 

薬剤師の職場でも育児制度が充実している場合は、そのまま働き続けることも可能ですし、子供の小さいうちは、時間の融通が利く働き方を受け入れてくれる職場も多くあります。就職の際に、そのような職場を選ばれた方も多いと思いますが、そうでない職場も多く、育児をしながらの仕事は、難しい方も多いのではないでしょうか?

 

結婚後、出産後に退職する薬剤師さんも増加していることなどからもわかるように、家庭を持ちながらの女性の仕事は難しい面もありますが、薬剤師の資格を結婚や出産で眠らせるのももったいないですよね!
しかし、医療業界でのブランクは避けたいですよね!特に薬剤師として一定の期間、仕事を休まれた方の復職、再就職率は決して高くはありません。
一度、仕事を辞めて、ブランクが長くなればなるほど医療業界の仕事は復職率が下がります。復職、再就職の敷居が高くなるのですね!
結婚、出産後に完全に仕事を辞めるのではなく、出来れば少ない時間でも働けるのであれば働く方向で仕事をしていれば、子育てが一段落した際にすぐに職場復帰が出来ますね!

 

結婚、出産後の働き方としては、パートタイムで薬剤師として働く働き方が一般的ですが、もっと少ない時間で働くことも可能です、例えば週に1日だけの出勤や土日だけ働ける仕事やもっとゆったり働くのであれば単発やスポットで働ける薬剤師の仕事などもあります。
このような少ない時間でも働ける仕事や職場の紹介なら派遣薬剤師の紹介が有利になります。

 

働ける時間だけ働ける仕事を探すのは薬剤師でも難しいと言えますが、派遣紹介なら比較的、希望にかなう仕事を紹介可能なのが薬剤師派遣ではないでしょうか?
子育て期間だけでも無理なく働きたい薬剤師の働き方の提案が出来る薬剤師派遣も一度検討してみてはいかがでしょうか?

ブランク明けの再就職、復職の難しさ

薬剤師の限らず、医療業界、医師、看護師などは、ブランクが長くなればなるほど、仕事への復帰が難しくなると言われます。実際、結婚、出産で長期休みを取った方の復職率、再就職率は、一般職に比べて率いと言われます。

 

特に医師、薬剤師は、ブランク後に以前の知識だけですぐに職場復帰をするのは難しく、一度職場を離れた方は特に再就職や復職に前向きになれない方も多いようです。

 

女性の多い職種、職場でもある薬剤師業界は、結婚、出産を経てもう一度、職場復帰される方も多いのですが、その反面、そのまま、薬剤師資格を眠らせる方も少なくありません。

 

結婚、出産後の少し長めのブランク明けの薬剤師の復職、再就職として、初めは少ない時間や無理にない時間で働ける仕事、職場を探すことをおすすめしています。
少ない時間から働くことで、無理せずに働きながらブランク中の知識などを整理して自分のものにしてから本格的に働けば、ブランクを気にすることなく、再就職が可能になると思います。

 

その方法の1つに、ブランク明けに薬剤師派遣としてあまり責任のある仕事は避け、短い時間から働ける仕事の紹介が希望すれば、無理なく薬剤師としての復職が可能になるのではないでしょうか?
ブランク明けの仕事で、気になるのが、ミスです。いきなり、無理してフルタイムで働くことはミスを誘発することにもなりかねません。1回のミスで自信を無くされる方も多いので、出来るだけミスをしない働き方がブランク明けの薬剤師の働き方としては重要だと思います。
その為にも、派遣薬剤師紹介など、無理なく働ける仕事、職場の紹介はいかがでしょうか?

 

無理なく働ける薬剤師求人紹介なら